レビトラジェネリックは、海外個人輸入代行を行う通販サイトで先発薬よりも約40%~70%程度割安で購入する事が出来ます。

コンテンツ

レビトラジェネリックを通販購入

通販サイト等により海外製レビトラジェネリックを購入する事が可能です。

レビトラジェネリックは種類が多いお薬です。
また純正品のレビトラ錠(R)よりも約40%~70%程度割安で購入出来るメリットがあります。

その多くが海外(インド)製で、通販サイトで購入し入手する事が出来るでしょう。
残念ながら日本ではバルデナフィル塩酸塩自体の特許期間中であるため、海外製造のジェネリック以外は販売されていません。

日本では成分への特許が1998年10月に特許が出願された事から、2020年11月頃~2023年頃にかけて厚生労働省から認可を得た正規のレビトラジェネリックが販売開始される可能性が高いと言われています。


>>レビトラジェネリックの詳細はこちら

ED専門クリニックのレビトラジェネリックは偽造品?

海外製レビトラジェネリックは特許期限や日本人の体質実験がされていない理由等から専門クリニックでは処方されていません。
しかしそういったクリニックの間でも偽造品を扱っていた報告がされています。
首都圏のED治療薬を処方する専門クリニックの中には、こうした偽造品をひそかに輸入し処方していた事から過去8件ほど検挙された事例があります。

一概にどれが正規品かを見分けるのかは、医師や薬剤師でも成分鑑定しない限りはまず分からないでしょう。
簡単な方法としては、錠剤をコップに溶かして、溶ける/溶けないや成分の色がおかしいと思ったら捨てるというやり方を掲示しているサイトも検索すればありますが、そもそも本来の溶け方を製薬会社が発表していなければ純正品/ジェネリックの区別の判断は難しいとも言われています。

しかしパッケージや中に入っているシートや錠剤等、有名なレビトラジェネリックの画像を掲示した通販サイトや専門クリニックのHPも中にはあるため、確認したりそこを直接たずねてみるのが1番でしょう。

通販の特徴

レビトラジェネリックを購入する場合、個人輸入通販サイトで購入する事が出来ます。
服用方法や成分量等を自分で調べた上で好きな場所、時間帯にお薬を注文出来るでしょう。

大手の通販サイトでお買い物する場合、共通して言えるのは個人情報の管理やサイトの信頼性です。
悪質なサイトでは、不要な広告で飛ばされた先がスキミング(個人情報を抜き取る)されるような所も無いとは言い切れません。

サイトのお約束事項のようなメニューから確認出来るので、事前に見ておくのが1番であると言えます。
またこれらのお薬には偽物が多く存在し、パッケージから形状や色合い等、酷似して作られており判別がかなり難しくなっています。

偽造品と気付かずに服用し健康被害に遭遇してしまう事もあるでしょう。
こうしたサイトを使う際には口コミや運営会社を検索したり、またカスタマーセンターがしっかりしているかの確認が大切です。
これらを見た上で信用性のあるサイトを選ぶようにしましょう

医薬品通販サイトとクリニック、どっちが安い?

ED症状に困った時、海外個人輸入代行サイトとED専門クリニックどちらかがトータルで安くなるでしょうか。
専門のクリニックの場合、通常の医療機関と同じように予約/当日受付→診療→処方といった流れになります。
診療や処方は点数で加算されていて、この合計が診察代や薬の処方代です。

しかし、風邪や骨折と違いED症状の治療は保険が適用されませんので、自由診療・全額自己負担がオーソドックスとなっています。
つまりどうしても治療費(=薬の処方代)はかかりやすくなる傾向になるのです。

処方される国内先発薬も比較的高価であるため月に何度も通院すると経済的な負担が重くなってしまいます。
友人知人や家族になぜそんなにお金が無いのかを聞かれ、EDクリニックに通ってると公には出来ないでしょう。
こうした負担がないのが通販です。

個人輸入代行サイトの中には、正規のレビトラ錠を扱うサイトも多く存在するため、一度クリニックに通い同じパッケージで同じシートの物を購入するのも1個の手法です。
また通販ではジェネリックを扱っている事がほとんどのため、クリニックよりも約4割~7割程度費用を抑える事が可能です。

もちろん海外製のジェネリックのため、副作用や併用禁忌薬などで起こる全責任は服用した本人になりますが、プライバシーを守った上でコストもかけずに購入する事が出来るでしょう。

通販の注意点

レビトラジェネリックを通販で購入する場合、気をつけなればならない点があります。
それは服用した際は全て自己責任となってしまう事です。

効果~副作用の影響にいたるまで、メーカーから直接個人輸入した医薬品の影響は全て服用する人の責任になります。
悲しい健康被害に遭わないためにも、正しい情報と下調べが必要です。

記載されている服用量や服用方法をちゃんと読み、決められたタイミングで服用するようにしましょう。
また副作用や併用禁忌薬を調べたい際には、自分で調べる事も可能です。
有効成分には必ず名称があり、そちらから調べるのが確実であると言えます。

「有効成分名+副作用」とスマホやPCで調べるとたくさん出てくるため、参考にしてみて下さい。
また届いた医薬品を勝手な自己判断での服用するのは大変危険ですので絶対に避けるべきです。

医薬品通販サイトの信頼性は?

普段病院で貰うお薬は処方箋がついた医薬品であり、原則医師が責任を持って処方しているものです。
そのため処方してもらったお薬がジェネリックだとしてもあまり心配や警戒する必要は無いでしょう。
一方で男性不妊症のED治療薬は、海外製でインターネットでの通販購入出来る物がほとんどです。
物によっては中国や香港で偽造されている品も多くあると言われています。

サイトによっては、メーカーから送られる商品自体の画像をそのまま撮影して掲載しているところもある一方で、そうでないサイトもあるため、一概にどこが正しいどこが正しくないといった区別は難しいでしょう。
一度そのサイトで使用した事がある知人や友人がいれば真偽のほどを聞く事も出来ますが、ED等のあまり人に相談したくない症状ではそれも中々かないません。

そこで1つの目安として考えられるのが、口コミです。
口コミは使用した方の体験談とともに、実際のそのサイトの注文や配送までの手順や流れを見る事が出来ます。
注文の仕方やいついつまでに発送のメールが届く以外にも、実際にはどんな風に届いたか箱はつぶれていないか等の感想が分かれば、購入後のイメージも持ってお買い物が出来る
でしょう。

また「違うものが混ざって来てしまった」「届くタイミングが遅れている」「カスタマーセンターの対応は良かったか」等のトラブルや困った場合の対応についてもユーザー視点で親切に書かれているサイトであれば何かあっても安心です。

ユーザー(買った人)が多い=口コミが多いとは限りませんが、良い悪いを含めて親切な書き込みが多いサイトなら、有る程度信頼する事が出来ます
副作用や併用禁忌薬が細かく書かれていたり発送元や運営会社などの情報が掲載されているのはもちろんの事、こういった口コミで通販サイトを見比べていくのも1つの重要な方法でしょう。

通販サイト「お薬なび」の紹介

医薬品を扱う通販サイトは数多くありますが、サイトの安全性や信頼性が問われます。
例え商品数の多い大手海外個人輸入代行サイトでもお薬を通販で初めて購入する方はとまどうでしょう。
お薬なびは、そんな初めての方にもおすすめの個人輸入代行サイトです。

・お薬なび・・・https://お薬なび.com/

・2009年開設の医薬品個人輸入代行サイト

・全てメーカー正規品・商品の確実な配送100%保証を銘打っていて郵便局止めも可能

・商品ジャンルはトップクラスで検索するとほとんどが見つかるいわゆる大手サイト

・人気商品は口コミも多く、常連ユーザーと新規登録したユーザーの割合はほぼ同じくらいと言われている

・1万円以上でないと送料が1000円かかってしまうのがネック

・数日内で海外郵便の荷物追跡番号が発行され電話でも確認出来るので比較的安心してお届けまでを待てる。


お薬なびは、海外医薬品や男性向けサプリメントや育毛剤・シャンプー、また女性向けの美容スキンケア商品や低用量/緊急用ピルに加え、生活習慣病予防薬~ダイエット食品まで取り扱う大手の個人輸入代行サイトです。

登録ユーザーが多い事もさながら会員登録すれば誰でも希望の商品を見つけて注文する事が出来ます。

世界各国のメーカーで製造される多くの取扱商品を販売しており商品ジャンルはトップクラスでしょう。

2015年の薬事法強化基準によってこれらの個人輸入代行サイトは海外の輸入OKな医薬品に対しても、不特定対数の人における広告宣伝目的の行為が禁止項目となりました。

そのためお薬なびでも薬名を検索しないと医薬品は注文出来ませんが、すでに服用している探したい名前のお薬があればお薬なびで見つける事が出来るでしょう。

姉妹サイトにライフパートナーやお薬110番等があり、サプリメントはお薬なびにない商品を取り扱っている場合もあると言われます。

2017年の10月頃にサイトがリニューアルされ新デザインとなりましたが、困った時の電話サポートやメール・FAX注文は変わらず、一部ユーザーの間では通信アプリでの注文も可能になったようです。

通販で購入するメリット

お薬なびでレビトラジェネリックを海外個人輸入代行サイトから購入するメリットは次のような項目が挙げられます。

・24時間どこからでもPC携帯スマホから取り寄せる事が出来る。
・海外製薬会社のメーカー正規品ジェネリックを購入する事が出来る。
・専門クリニック同様に処方箋なしで再購入が出来る。
・バルデナフィル塩酸塩に加えて人気の早漏効果のある物やゼリータイプ状の医薬品も購入する事も出来る。

いつでもどこでも手間や時間をかけずに自分が希望する商品を注文出来るのが通販サイトの醍醐味だと言えます。
レビトラジェネリックは副作用に視覚障害が現れる可能性もある事から、きちんとした副作用・併用禁忌薬(飲み合わせる薬)のチェックが必要です。

注文していつぐらいで届く?

レビトラジェネリックを扱う大手通販サイトは何時いかなる場所でも商品を購入する事が出来ます。
しかしこれらは注文した後、いつどのタイミングで届くのかだろうかと疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。
医薬品を自己使用目的に限定して海外から個人輸入する場合、直接メーカーから送られるので、空港経由で運ばれる事が多くなっています。
海外の知人や友人に何かプレゼントを送るのと同じように、およそ約5日から長くて2週間程度かかる場合があるでしょう。
もちろん時期によっては混んだり商品が品切れてしまっている場合には、その分待たなければなりません。
レビトラジェネリックを扱う医薬品の個人輸入通販サイトは何百と数多くありますが、どのサイトにおいても同じ事は言えるでしょう。