ED(Erectile Dysfunction:勃起機能不全)とは、男性不妊症の1つで、勃起力が低下した事を指します。

コンテンツ

EDとは

男性に起こる勃起作用の能力が低下した症状です。

ED(Erectile Dysfunction:勃起機能不全)とは、男性の勃起力が低下した事を指します。
一昔前までは「インポテンツ」とも言われ、現在でも恥ずかしい病気として捉えられがちです。
ED症状と聞くと、「全く勃起しない」あるいは「勃起が出来ない」状態のイメージが浮かびますが、一概にはそうとは限りません。

「勃起までに時間が長くかかる」「最初は上手くいっても途中で折れてしまう」等、機能が十分に働いていない事で性行為に不満や支障をきたしている状態はいずれもED症状の可能性が疑われます。
特に、日本人は見てはっきり分かるED症状よりも、本番になって初めて分かる隠れEDの方が多いとも言われている程です。
不完全な勃起状態、勃起の維持への悩みを抱え持つ方は、ためしにED症状かどうか確認してみても良いでしょう。


>>ED治療薬レビトラジェネリックの詳細はこちら

ED症状チェック

SHIM(Sexual Health Inventory for Men)というものがあります。
これはED症状の可能性がある方に実施するテストで、実際に専門のクリニックでも用いられるチェックシートです。
5分もかからず簡単に行えますので、ご友人や恥ずかしい方はお1人でも気軽にお試し下さい。


>>ED症状チェックはこちら

40歳代の5人に1人、50歳代の2人に1人程度の方はED/隠れED症状に悩んでいるとも言われています。

世界的に見たED患者

EDは世界的に見れば珍しい症状ではありません。
厚生労働省が平成24年(2012年)に発表した「ED診療ガイドライン 2012年版(被リンク)」には以下のような内容が記載されています。
・平成15年(2003年)に発表された疫学論文によれば、世界中の成人男性の1/20?1/5程度 が中等度ないし完全EDであるとされています※1。1995年時点では1億5,200万名で,これが2025年には3億2,200万名に倍増するとも言われています※2
また国内では1998年に行われた疫学調査のデータによって、約1130万名の男性が中程度以上のED症状を発症している事が確認されており、とりわけ高齢化が著しく進む日本では今度さらに増加の一途が予測されている。

※1
・中程度ED・・時々性行為において勃起を得る事が出来て維持も出来る
・完全ED・・・毎回性行為において十分な勃起を得られないもしくは維持が出来ない

世界的に見てもED症状はさほど珍しくもなく、逆に今後増加される事が見込まれるでしょう。
年代別に見ても20~30代と40~60代の割合はほぼ同じ程度ともされており、男性と同じくらいパートナーである女性からの相談数も多いとも言われています。

ED症状自体はどちらかと言えば人に相談できない悩みなので男性は特に気を遣って溜め込んでしまいがちです。
溜め込めばさらにED症状を悪化させている原因にもなりますので、チェック表で気になった方は専門のクリニックやお薬の処方を考えても良いでしょう。

ED患者は早漏になりやすい?

EDと早漏症状は関係性が深く、いずれかになった場合4人に1人はもう片方も併発する事が報告されています。
両症状は男性機能の低下、すなわち一般的に老化が進む40歳以降の中高年~高齢の方に多いです。
しかし10代~30代の男性の間でも隠れED/PE(premature ejaculation=早漏症状)になりやすい場合があると言われており、あなどれません。

例えば、肥満/自宅でのマスターペーションのし過ぎは早漏に繋がりやすいとも言われます。
代謝が悪く血流が巡りにくかったり、比較的速いペースで達する事に慣れてしまうと性行為本番でも満足しないまま達しやすい体質となるでしょう。
相手を満足出来ないまま達したその体験や恥ずかしさは隠れED予備軍の原因にもなりやすいと言われています。

EDの原因

何らかの要因でペニスの血管や神経が異常をきたしている事が原因です。

ED症状は、ペニス内の血管や神経が何らかの原因で機能障害を起こしている状態です。
3種類の原因に分かれますが、いずれもストレスや生活習慣等が多くなっています。
原因が1つだけでなく、2つ3つ要因が組み合わさりED症状をきたす場合があるでしょう。

心理的な原因(心因性ED)

性行為時のストレスや不安緊張、抑うつ等の精神的症状はED症状の原因の1つとされています。
仕事や学校、家庭で色々と抱えやすい20~40代の若い男性に多い傾向です。


-こんな方は注意-
-まじめで誠実な方
-完璧主義な方
-悩みを抱えやすい方
-他人から悩み事を相談されやすい方
-性行為について嫌な記憶やトラウマがある方
-早漏、包茎である方

身体に関しての原因(器質性ED)

病気や生活習慣病、加齢等の体機能の衰えや喫煙アルコール等の生活習慣、はたまた男性ホルモンの多い少ない等の体に起こる原因でED症状になるのを器質性EDと呼びます。
メタボ、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高コレステロール値)を診断されている方は注意した方が良いでしょう。

-こんな方は注意-
-3大生活習慣病を診断された方※高血圧/糖尿病/脂質異常症(コレステロール値異常)
-メタボリックシンドロームの方
-心疾患や脳疾患等、大きな病気がある方
-40歳~60歳以上の方
-運動不足の方
-喫煙やアルコール量が多い方
(喫煙者の8割以上がED症状だとも言われています)
-男性ホルモンが出にくい方

薬の成分が原因(薬剤性ED)

例えば飲んでいるお薬の成分や作用によってはED症状を起こす場合もあります。
-こんな方は注意-
-利尿剤や降圧剤のような体の循環器系に作用する薬
-抗うつ剤のような脳の神経機能に作用する薬
-抗コリン薬のような消化管に作用する薬
-AGA治療薬のような発毛/育毛作用がある薬

EDの症状

「性行為にあたり十分な勃起が起こらないため、満足に性行為をする事が困難な状態です」

EDの症状で最も困るのが性行為本番の最中でしょう。
1番多い症例(症状の種類)に「中折れ(途中で根元から全く勃たなくなる)」が挙げられるように、自分も相手も急に行為をストップせざるを得ない状態になり、そのまま終わってしまう場合もあるでしょう。
また急に終わってしまう事で相手から気持ちも疑われてしまう可能性もあるので要注意です。
その他のEDの症例としては

・朝勃ちしない
・人より勃つまでの時間がかかる
・性欲はあるけれども勃起しない
・彼女や妻に勃起しなくなる

等が、あげられます。
様々原因が考えられますが、女性側も理解してくれる場合もあります。
気になる際には診断やED治療薬を用いてみる事もおすすめです。

ED治療薬の有効性

「ED症状を早ければ数十分で解消してくれる医薬品であり、通販と病院で購入する事が出来ます」

ED治療薬は(ペニスに直接注射やスポイト注入するタイプ等除いて)、そのほとんどに血管拡張作用があります。
PDE-5酵素阻害剤と呼ばれる分類の医薬品となるため、多くの方がこのお薬でED症状を一時的にはなりますが、解決する事が出来るでしょう。

ED治療薬はバイアグラ/レビトラ/シアリス/ステンドラ等の種類がありますが、全てを病院で処方して貰う事が難しいと言われています。
理由としては医薬品の特許等の関係により、現在日本では純正規品バイアグラ(1箱4800円以上)レビトラ(1箱5200円以上)のみ専門クリニックで処方される決まりとなっています。
これとは反対に、すでに処方されている方向けにサービスが開始されたのが医薬品の個人輸入代行サービスを用いた通販です。

通販サイトは海外製のジェネリック医薬品も販売しているため、純正規品よりも低価格高品質なED治療薬を購入する事が出来ます。
例えばバイアグラやレビトラでもジェネリック医薬品であれば1箱2千円で購入する事が出来ます。
ただしその一方で、個人輸入代行のシステムを用いた場合、医薬品に関する全ての事柄に対する一切の全責任は自分で負わなければなりません。

副作用や併用してはいけない薬を飲んでしまった場合の健康被害に関しても、国からの救済措置またはサイトへの損害賠償を望む事はまず出来ないでしょう。
あくまで既に使っているお薬の成分を個人で輸入するという事を忘れずに、下調べやクリニックの医師と相談した上でサービスを活用するのが1番望ましいと言う事が出来ます。

ジェネリック医薬品を通販で購入するためのコツ

自己判断での服用は絶対に止め、お薬のレベルを見極める事が重要

1.何か重篤な副作用を生じた場合に医薬品副作用被害救済制度の適用外になる。
2.海外で製造された医薬品のため日本国内と同じレベルで安全確認が行われていない。

海外でも有名なED治療薬は数多く存在しますが、そのどれも全てが本物とは限りません。
名だたる有名製薬企業が正規品レビトラ錠(R)と同じ効果がある事をテスト・承認を受け製造されたED治療薬でもサイトごとによっては偽造品が出回っている場合もあります。

ここで最も重要なのが、本物か偽者かの区別は専門クリニックでも判断がつけられないという事です。
これらの偽造品は専門のクリニックでも成分鑑定を受け付けてもらえず、また専門クリニックであるにも関わらず悪徳業者から卸されたED治療薬の偽造品を販売していたケースも過去何件も挙げられています。

「中国・香港系のルートは危険」等の憶測も回っているようですが真偽の程はユーザー側には絶対に分からないでしょう。
そのためこういった偽造品や違法サイトにだまされないようにするためにも、

1.きちんとした有名な専門のクリニックで高い治療費で診療&薬を貰う
2.きちんとした優良な専門サイトで確認をとった上で購入する

ことが必要です。

また医薬品は、個人が使用する場合(以前処方された成分の薬を用いる等して)に限り、処方箋を用いなくても1ヵ月の間にのみ、正規のメーカーから国際郵便で直接取り寄せるというルールで、個人で輸入する事が可能です。
このルールを守っていない場合は法律違反となるためすぐにページから戻った方が良いでしょう。

直接メーカーに頼んで送り届けてもらう際には、よほど発送元が未確認あるいはどこを中継しているか電話で確認出来無いサイトでない限り信頼は置けるといえます。

しかしこうした場合であっても、期待はずれの結果や悲しい薬品事故を生むケースもあります。
レビトラジェネリックを服用する際には、事前に下調べや医師との相談はもちろん、起こりうる事故等は全て自己責任である事を理解した上で使う事が望ましいと言えるでしょう。